オークション

ヤフオク初心者が自己紹介欄を記入したほうがいい理由

オークション
この記事は約4分で読めます。
つちなつ
つちなつ

こんにちは、つちなつです。

今回は、ヤフオクの初心者こそ自己紹介欄を書くべき理由や編集の仕方について語ってみたいと思います。

つちなつ(裏)
つちなつ(裏)

意外と書いてない人が多くて困る。無言対応の人とか温度感わからないしー・・・なんてことがよくあったね。

実は見られている自己紹介欄

ヤフオクの自己紹介欄は、書いてない人がかなり多いです。ですが、第三者があなたというユーザーを知る上で重要な情報源です。

たとえば、あなたが出品者だったときに、落札を考えている人があなたの自己紹介欄の情報を見て、信用できるか判断する材料にすることができるのです。

何も記入していない人より、少しでもあなたという出品者(落札者)について知ることができるのが自己紹介欄です。

自己紹介欄を書いたほうがいい理由3つ

ひとつは、自己紹介欄があると信用されやすいということ。ふたつめは、取引についてどういう対応をしてくれるのか相手が知れること。みっつめは、書いていることでフォローされ固定客がつくことがあること。

自己紹介欄を書くと全く書いてない人にくらべて圧倒的にユーザーの信用度があがります。これは取引数や評価の数と合わせて協力な、「信用されやすい武器」となります。

殆ど見られてないでしょう・・・と思わずぜひ活用してみることをおすすめします。

自己紹介を編集しよう

つちなつ
つちなつ

自己紹介欄の記入はかんたんだよ。もちろんつちなつも記入しているよ。

自己紹介欄の編集

ヤフオクのマイページからオプションを選ぶ

マイオクのオプションページに飛ぶと下記のような画面になります。そしたら赤枠で囲っている「自己紹介の編集」を選びます。

自己紹介の編集を選ぶ
つちなつ
つちなつ

そうすると編集ページに遷移するので、自分の自己紹介を入れたり、出品や落札への意気込みや第三者があなたを信用してくれそうな情報をいれておくといいよ。

つちなつ(裏)
つちなつ(裏)

もちろん嘘や個人情報を入れちゃだめだよ

内容は一例です。

初心者が自己紹介欄に書いておくべきこと

つちなつ
つちなつ

あくまでも、つちなつが初心者時代に書いてみてそれなりに反応があったことについてまとめてみたよ。

つちなつ(裏)
つちなつ(裏)

取引相手に信用してもらうための情報だから、何が正解ということはないので、自分なりに考えてみるといいよ。

つちなつ
つちなつ

あ、そうそう。もちろん自分について最初に書いておくと、とっつきやすく感じてもらえるかもね。無言対応の人も多いから。

出品しやすいジャンルを書こう

取引回数が増えてくると、あなたを気に入ってフォローしてくれる人が増えてくるかもしれません。そういった人のために自分がどういう商品を出品することが多そうか書いてみるといいかもしれません。

参考例)つちなつであれば、下記が多いので自己紹介欄に入れています。

  • スマートフォン
  • パソコン
  • バイク用品

発送手続きや入金のタイミング

取引相手によっては、少しせっかちな方がいます。またこういったwebサービスは迅速丁寧が根本にあるひとが多いため、すこし遅いと気になってしまうユーザーは多いです。そういった方のために自己紹介欄に書いておくといいでしょう。

参考例)下記のような事を自分の状況に合わせて書いてください。

  • 平日は仕事のため週末に発送しやすいです。
  • 入金の対応は平日の夜か週末に対応することが多いです。
  • 入金が確認されたら1〜2日程度で発送します。

などなど。

つちなつ(裏)
つちなつ(裏)

特に入金や発送のタイミングについては、「あれ?どうしたんだろう?」って思うことも思われることもあるので書いておくにこしたことはないよ。

初心者が自己紹介欄に書いたらダメなこと

当たり前ですが、個人情報は書いてはいけません。その他だと利用ガイドライン違反に抵触しそうなこともですね。具体的には自己紹介欄での直接取引に関係しそうなことを書いたりすることです。

あくまでも自分はどんなユーザーなのか、紹介して知ってもらうための場だということを念頭においておきましょう。

まとめ

つちなつ
つちなつ

自己紹介欄は全く見られないことも多いけど、見る人は見ているという認識でいたほうがいいよ。つちなつは結構みるよ。書いてあると、なるほどそういう人だから安心して取引できるねっていう判断材料にしているよ。

ぜひ、自己紹介欄を活用して取引相手に信用してもらえるようにしよう。そしてヤフオクマスターになりましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました