ガジェット

スマホの購入前に確認すべきスペックの要点まとめ

ガジェット
この記事は約13分で読めます。
つちなつ
つちなつ

こんにちは。つちなつです。

だいぶ気温も上がってきた最近、いかがお過ごしでしょうか。

つちなつ(裏)
つちなつ(裏)

暑い日が増えて、寒い日は少なくなってきましたなー。

つちなつ
つちなつ

ということで今回のテーマは、スマホを買う前に端末の性能について確認しておいたほうがよいことを紹介します。

つちなつ(裏)
つちなつ(裏)

ほほう。つまり買う前に要点をおさえておけば、買ったあと後悔するはずがない。という話ですかな?

つちなつ
つちなつ

そのとおり!続々と新モデルも発表されてきているから、買う前にぜひ参考にしてみてね!

買う前の性能確認は重要

私も過去、これは安いし性能もそこそこ良さそうだ!というだけで買ってみて、あとからここが気になるなーって思うことはよくありました。

自分が欲しい(これくらいの性能なら許せる)基準を設定してからは、ほとんどそんなこともなくなったので、安物買いの銭失いという状況は回避できるようになりました。

最近のスマホは数年単位で長く使えるものが増えてきたし、高いものは高いので、不満はあるけど次に買い換えるまでは我慢・・・なんて状況もありがちですよね。

特にキャリアスマホを購入されている方は、よくわからずにおすすめされるまま買ってしまったり、割賦で買ったりするのでそうそう機種変更なんてできないですよね。

心当たりがある方は、本記事で紹介するものをしっかり確認すれば間違いないですよ!

確認すべきポイント

つちなつ
つちなつ

もっと細かく見たほうがいい場合もあるけど、基本的には以下のポイントをおさえておくと失敗しない端末選びができるよ!

全部見る必要はないから、自分が気にしておきたいところを重点的に見るといいよ!

確認すべきポイント一覧表

まずは、ざっくりと表にまとめてみました。詳細説明は後述してありますので合わせて確認してみてください。

確認項目判断基準
画面サイズ大きいのががいいなら5.5インチ以上
ベゼルベゼル・ノッチ面積、画面専有率など
CPUゲームをするか否かで決めて良いが、ミドルスペック以上
RAM(メモリ)4GB以上あれば安心。ゲームをするなら6GB以上
内蔵ストレージ本体に写真や動画をためておくなら多めに
SDカードスロットクラウドを使うなら、なくてもOK
バッテリー容量毎日長時間使うなら4000mAh以上
カメラ性能画質だけじゃなく、レンズや撮影モードも気にしたい
頑丈さ落として画面バキバキになるのが怖い(ケース派ならスルー)
防水・防塵お風呂や外出先でのアクティビティに使う
おサイフケータイキャッシュレス(Suica、QUICPayなど)をしたい
スピーカーイヤホンを使わず動画やゲームを楽しみたい。ステレオか等
充電環境高速充電、ワイヤレス充電など
※あくまで私が気にしているところです。人によってはもっとあるかも。

すべての性能の基本:CPU

つちなつ
つちなつ

CPUは性能の基本と言っていいほど、重要なポイントだよ。ほしいスマホのCPUがどれくらいの性能なのか見ておくといいね。

CPUの選び方については、基本的にSoCの数字のところが大きいほど性能がいいと思ってOKです。ただし、各SoCごとに性能の基準が違うのでそのSoCシリーズ(Snapdragonならそのシリーズ)だけで比較しましょう。

つちなつ(裏)
つちなつ(裏)

Snapdragonなら600番台がミドルスペック、700番台でミドルハイ、800番台でハイスペックだと思ってOKですぜ。荒野行動などのガチガチなゲームをするなら800番台の最新バージョンを選べばいいし、ちょっとした軽いゲームなら600番台でも大丈夫。

処理の軽快さ:RAM(メモリ)

ゲームをしたりたくさんアプリを使ったりしたいならRAM(メモリ)もこだわりたいところ。CPUに合わせて自分が納得できるスペックを選ぼう。

つちなつ
つちなつ

メモリもスマホの操作の軽快さに関係している部分だから、CPUと合わせて、メモリの数字が大きいものを選ぶと間違いないよ。

つちなつ(裏)
つちなつ(裏)

メモリ負荷が大きそうなゲームやアプリを使うなら6GBとか8GB以上のスマホもあるからそれを選ぶといいよね。

たくさんデータを使うなら:内蔵ストレージ

つちなつ
つちなつ

最近は、クラウドサービスも充実してきたから本体のデータが消えても安心な時代になったね。でも本体に保存しておきたい人も結構多いから、内蔵ストレージは多めのほうがいいかもね。

つちなつ(裏)
つちなつ(裏)

ちなみにスマホのOS自体がシステム領域としてストレージの一部容量を使っているから、64GBのスマホだと64GBを100%ストレージとして使えるわけじゃないよ。そのあたりも考慮してストレージを選ぶといいね。

データの拡張性:SDカードの容量

内蔵ストレージにも関係しますが、機種変更をしたときにスムーズにデータを移動させたいなら、最初から様々なデータをSDカードに保存しておくというのは有効な手段です。写真や動画もそうですが、連絡先や電子書籍データなども保存できるので便利。

つちなつ
つちなつ

参考程度に私のデータまわりを紹介しておきますね。

アプリは結構いれる派ですが、内蔵ストレージが64GBで足りているため、SDカードの出番はほとんどないです。写真や動画はGoogle DriveやAmazon photosなどのクラウドストレージに保存し、内蔵ストレージ内のデータはしばらくしたら削除されるようにしています。

1日中いじるなら:バッテリー容量

最近は日本製のスマホでも4000mAhなどの大容量モデルが出てきました。シャオミやUMIDIGI、OPPOなどはじめとする人気海外メーカーでは5000〜10000なんていうバッテリー容量のモデルも出てきています。スマホを触っている時間が長いとか、毎日充電しなくて済む、というほうが好みなら気にしてみるといいでしょう。

つちなつ(裏)
つちなつ(裏)

ちなみに、海外系のスマホによくあるけど、バッテリー容量の大きさと本体の重さは比例するよ。バッテリー容量が大きいものを選びたいなら本体の重さが200グラム以上になることが多いので注意してね。

写真が好きなら:カメラ性能

SNSでいい感じの写真を撮りたいとか、美しい景勝地の情景を記憶させたいという人は多いと思います。ただし、カメラ性能=画質、というわけではありません。実機をサワれるなら試してみることをおすすめしますが、標準カメラアプリのUIや撮影モードがどうなのか試してみるといいですね。

つちなつ
つちなつ

私は、以前に国内メーカーの某S社のAシリーズにかなり期待して買いましたが、画質はともかく純正カメラアプリの使いにくさに衝撃を受けてがっかりしたことがあります。それ以来買っていません。。。

つちなつ(裏)
つちなつ(裏)

あれはたしか、シャッターボタンを押してから体感で1〜2秒ほどラグがあってからパシャって音がなったのよね。そのせいで本当に撮りたかった一瞬が若干ずれてたことも・・・

ケースをつけないなら:頑丈さ

私はケースを絶対つける派(Spigen愛好者)ですが、裸族の方も結構多いですよね。でもそういう方に限って電車や公共の場で使っているのを見ると、そこそこ傷が多かったり画面にヒビが入っていたり・・・。

つちなつ
つちなつ

最近はタフネス系スマホも各キャリアやクラウドファンディングサイトで買えるようになってきたね。

裸族ならタフネス系スマホ、ケースをつけるなら米軍MIL規格なものがおすすめです。

お風呂やアクティビティで使うなら:防水防塵

実は欲しい機種に限って防水防塵機能がついていない、ということは昨今のスマホ人気の中でもまだまだありますね。しかも防水防塵性能についてもランクがあるため注意して確認しておきたいところ。

つちなつ
つちなつ

IP68等級、なんていう数値を見たことがあると思うけどお風呂で使えるか、海水に沈んでも、砂漠で落としても大丈夫かなどを確認しておこうね。

つちなつ(裏)
つちなつ(裏)

IP68で言えば、左側の数字6が完全防塵のことで、右側の数字8が水面下での使用が可能(メーカー取り決めによる)だから、この等級ならバイクや自転車で突然の雨でも大丈夫という基準だね。

詳しい等級についてはここに詳しく載っているので参考にどうぞ。

キャッシュレス派なら:おサイフケータイ(FeliCa)

モバイルSuicaやPASMOを使う。クレジットカードをApple PayやQUICPay、iDなどの支払い方法をスマホに登録して使うならおサイフケータイ(FeliCa)は必須ですね。

つちなつ
つちなつ

ちなみに上記のような決済方法は使わず、PayPay・LINE Pay・auPay・楽天Pay・ドコモd払いなどのQR決済しか使っていないなら、FeliCaを必要としないので考慮しなくてOKです。

音質にこだわるなら:スピーカー

スピーカーは結構大事な要素だと感じています。常にイヤホンを使う方なら問題ないのですが、ゲームや動画を利用するときに横向きで使いますよね?そんなときに片側からしか音が聞こえないとやりづらいものです。なので、横向きで使うならステレオスピーカーなのか確認したほうがいいですね。

また、有名音響メーカーのスピーカーだよ。と言われても実際音を聞いてみるとそんなでもなかった・・・、なんてこともありますので実機を確認するか、動画レビューされている方のコンテンツを視聴して確かめることをおすすめします。

つちなつ
つちなつ

ここに関しても、某S社のAシリーズに裏切られて買う気が失せたんですよね・・・。

充電環境は大事

最近ではiPhoneを除き、多くのスマートフォンでType-Cケーブルに対応してきました。ですがたまに海外の端末でマイクロUSBなこともあるので一応注意しておきましょう。

他にはワイヤレス充電(Qi)に対応しているのか、とか。急速充電に対応しているのか、とか結構気にしているユーザーは多いと思うので忘れずに確認しておこう。

おすすめの端末

これまでの要点をふまえて、本記事公開時点で私がおすすめする機種を勝手に紹介していきます。どれも一長一短ですし値段の安さ高さも人によって感じ方が違うと思いますので、実機を触ったり自分がほしいスペックであることに納得したものを選ぶと言いですね。

<Pixel 3a>

言わずとしれた、2019年大ヒット商品です。

この機種は本体が軽い、写真性能が良い(特に夜景モード)ところ。さらにはFeliCaも対応しつつ急速充電ができるツワモノです。基本性能も一覧表に載っている部分のほとんどを満たしているので満足度が高いです。

2020年はPixel 4aがでますが、今から買っても十分な性能と使い心地です。4や4aの出現によってかなり安くなっており、発売当初は約5万円ほどだった値段も今や3万円台まで落ちてきているので、そちらも満足できると思います。

つちなつ
つちなつ

その他の細かいおすすめポイントとしては、ケースやフィルムの種類が豊富なことと、Googleの純正スマホなので初期アプリが最低限でスッキリしているところも好感でした。4aを買ったとしても、もうしばらくは使うと思います。

OPPO Reno A

こちらも2019年に登場した人気モデル。

私の確認事項一覧表のほとんどを満たしており、なおかつこの性能で3万円台前半で購入できるというコスパの良さ。ステレオスピーカーじゃないという点を除けば概ね満足えできる端末ではないかと思います。

つちなつ(裏)
つちなつ(裏)

性能もそうだけど、見た目がおしゃれでいい感じなのもポイントだよね。

その他の端末

まだ発売はされていませんが、Pixel 4aはiPhone SE 2020に対抗して、かなり値段をさげつつも性能は3aを上回ると予想されています。今の所夏以降の発売が濃厚になってきたため、こちらも購入候補としては十分対象になりそうですね。

そして忘れちゃいけないiPhone SE 2020です。こちらのカタログスペック自体は、私の確認事項一覧表を満たしていないものも多いですが、やはりなんと言ってもOSの軽さやCPU性能やカメラ性能の高さでかなりおすすめできます。

サブ機として使っていますが今の所満足度は高いです。ベゼルの太さがちょっときになる人は十分に買わない理由になると思いますがねw

まとめ

というわけで今回は、私が独自に決めたスマホを買う前に確認しておきたい性能についてご紹介しました。

もちろん、妥協できるところはしていいと思いますが、価格と相談してこだわれるところはこだわったほうが絶対後悔しないと思いますので、ケチらずスマホを選んでいただければと思います。

つちなつ
つちなつ

私みたいに数ヶ月に1回スマホを購入する人はほとんどいないですし、長く使いたい人のほうが多い(なかなか機種変更しにくい)と思いますので、ぜひ参考にしてスマホ選びに活用してくださいませ。

よかったらこちらの記事も読んでね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました