オークション

初心者はヤフオクの自己紹介欄を書いたほうがいいのか?

オークション
この記事は約3分で読めます。
つちなつ
つちなつ

こんにちは。つちなつです。

ヤフオク初心者なら誰しもがきになる自己紹介欄。

本記事では、自己紹介欄は書いたほうがいいのか?

どんなことを書けばいいのか?

を、紹介していきます。


結論1:書かなくても良い

はい、終了。

というのは冗談ですが、正直書かなくても生きていけますw

おそらくですが、ほとんどの人はいちいち見ていないと思います。

あと、意外とどこから自己紹介欄を確認できるのか分かりにくいのもありますね。

つちなつ
つちなつ

つちなつは書いているけど、正直どれくらいみられているかはわからないよ。

商品に関することや、ノークレーム・ノーリターンなどのお願い事項は、

毎回、商品ページの概要に書いているから。書く必要ないし。

とはいっても、念の為書いておいたほうがいいんじゃないか?と思う方もいるので、

どういう場合には書いておくのがよいのか、どういう内容がいいのか紹介します。

結論2:出品するなら絶対書いたほうがいい

これからヤフオクをつかいこなそうと思っている方なら、出品者について知りたいはず。

その出品者の出品物一覧をみたときに、「あ、フォローしておこう」となることもあります。

そうした場合、自分が出品者側の立場であれば、中には自己紹介欄を見る人もきっといます。

つちなつ
つちなつ

つちなつは、結構出品者の自己紹介欄をみます。

まぁ大体アイコンが設定されていない方は空欄なんですけどね。

自己紹介欄から人となりや出品傾向がわかればフォローしますしね。

なので、自己紹介欄を見られる場合に備えて書いておくと良いと思います。

どんなことを書けばいいのかというと、

  • どういう出品物を出すことが多いか
  • 発送は迅速丁寧を心がけています!

といった、出品傾向や姿勢を書いておくとよいでしょう。

そうすることで、もしかしたらフォローしてくれる人がいるかもしれないし、

発送が早そうだな!と思ってもらえれば入札してくれる可能性は高くなります。

各内容は簡単でOKです。ガジェットが多いなら、メーカーも合わせて書いてあげたり、アパレルなら出品することがおおいサイズを載せておくと良いですね。

結論3:落札専門なら書かなくてもよい

はい、終了(その2)。

というのも冗談ですが、正直出品者が落札者の自己紹介欄を見ることはほぼないです。

私も正直見ません。出品者側としての気持ちは「とっとと住所確定して入金してくれればOK」

っていうところが大きいですしね。

落札者の皆さんは自己紹介欄を書く必要はないです。

それよりも、諸対応をスムーズにやってくれることこそが出品者にはありがたいのです。

自己紹介欄に書くと規約違反になること

実は自己紹介欄に書いてしまうとアウトなことがあります。

規約違反となり、度がすぎればなんらかのペナルティを受ける可能性があります。

それは「取引に関する具体的な指示など」です。

一体どういうことかというと、たとえば

  • 入金は必ず1日以内で!
  • ○○するのは禁止!
  • ~~なら✕✕します!

など、取引相手に強制するようなことを買いてはいけません。

他にも細かくありますが、とにかく「取引自体に関連する具体的なこと」を、

書かないようにしておけば大丈夫です。

先述したように、どういう出品物を出すのかなど、まさに自己紹介を書けばOKです。

自己紹介欄を記入する場合は規約違反になる内容に注意しましょう。

まとめ

初心者の方が自己紹介欄を書くということは必須ではありません。

ですが、出品者になるならぜひ書いておいたほうがよいです。

そうすることであなたの出品物を見たユーザーがフォローしてくれたり、

出品物を落札してくれる可能性があがるかもしれません。

できるだけ落札してほしいなら随所に丁寧な対応をしておくといいでしょう。

何も書いていない人より書いている人のほうが信用度は高いですからね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました