オークション

【2020年版】初心者がヤフオクを使いこなすコツまとめ

オークション
この記事は約4分で読めます。
つちなつ
つちなつ

こんにちは。

最近ガジェット類を出品しまくっているつちなつです。

そして、その売上金で別な新発売のスマホを買ったりしているので、消費行動の負のスパイラルに陥っているんですけどね。

まぁ、コロナ禍にあっても消費行動しっかりやってるので許して。

さて、今回は2020年時点での情報に基づき、初心者がヤフオクを使いこなすためのコツや知っておいたほうがいい知識をまとめてみました。

ヤフオクの利用にかかる料金

つちなつ
つちなつ

何はなくとも、お金がかかるのか?どれくらいかかるのか?というのは気になっている初心者さんは多いハズ。

料金については、ヤフープレミアム会員というシステムがあり会員と非会員ではかかる料金が変わってきます。↓の記事では、それぞれの料金体系について紹介しています。

自己紹介欄の記入

つちなつ
つちなつ

書いてない人は結構多いんだけど、実は意外と見られている自己紹介欄。ここを書いておくと出品・落札時に第三者の信用を得られることがあるので、ぜひ書いておくといいね。

どういうふうに自己紹介欄を書けばいいのかは、こちらの記事にまとめてあります。

ヤフオク初心者が自己紹介欄を記入したほうがいい理由
つちなつこんにちは、つちなつです。今回は、ヤフオクの初心者こそ自己紹介欄を書くべき理由や編集の仕方について...

出品について

つちなつ
つちなつ

出品については下記記事にまとめてあるのでぜひ読んでみてね。つちなつが初めて出品したときのことを思い出しつつ、拙い内容でまとめてあるよ。

注意すべき点ややり方などは下記にまとめてあります。出品前、出品時、出品中、落札後にわけて書きました!

はじめてのヤフオク出品奮闘記【初心者向け】まとめ
はじめてのヤフオク出品奮闘記のまとめ記事です。実際に体感したことを記事別にまとめてみました。

商品の配送方法については、ゆうパックおてがる版が非常にスムーズにやりとりできるので、ちょっとした小物や小さいサイズの商品であれば絶対つかうことをおすすめします。

ヤフオク出品ならゆうパックおてがる版がおすすめ
つちなつこんにちは。つちなつです。ヤフオクを使うとき発送はいつもヤマトでした。今回は、初めてゆうパックの...

また、私がヤフオクを使って出品をしたときに発生したアクシデントについてもまとめてあります。

こちらを読んでおけば、どういったことに気をつければいいのか遠回しにでもわかってもらえると思います。

ヤフオクでの失敗談から学ぶ、通販で失敗しない方法
ヤフオクで失敗はしたくない、という人は多いでしょう。ぜひ私の失敗談から学んで、気持ちいい取引をしてください。

入札/落札について

つちなつ
つちなつ

入札については下記を最低限意識しておけばいいよ。

自動入札を使ってみよう

自動入札というのは、わかりやすく言うと、自分の予算額であらかじめ入札しておけるシステムで、き、その額を超えないうちは、他の人が入札しても自動で追いかけて入札してくれる仕組みのこと。

つちなつ
つちなつ

例えば「この商品に5000円までなら出してもいいな」ということがあったら、5000円で自動入札しておくと

誰かが入札したら自動で追いかけて入札する、みたいなことを5000円までの範囲でやってくれるんだ。

5000円を超えてしまったら、今度は10000円まで出せそうということであれば10000円でを入札しなおすことになるよ。

自動入札が便利なのは、500円スタートの商品の場合にあてはめてみると、

  • 自分が最初の入札者なら、500円で入札開始
  • 別な人が1000円で入札すると、自動で1500円を入札
  • 別な人が2000円で入札すると、自動で2500円を入札

というふうに、四六時中出品ページにかじりついて競わなくてもいいということ。

残念ながら、そのオークションの値段が予算より跳ね上がってしまったら、あきらめるか、そのまま続けてもうちょっと予算が出せるということであればさらに増額して入札していくことになります。

市場価格を見極めよう

どうしてもほしいからと、たくさん入札してしまうと払いすぎて損になる場合がありますので、引き際を見極めたほうがいいでしょう。

落札相場などを調べてから予算を決めるといいでしょう。落札相場についてはこちらの記事にも書いてありますので参考にしてみてください。

取引相手とのやりとりの方法

よくあるのが、取引した相手とかならずメッセージのやり取りをしなければならないのか?という疑問です。

ヤフオクはメルカリと違って、取引ナビというシステムが優秀のためシンプルなやりとりで済むので、オンラインテキスト上ですらコミュニケーションが苦手という人にもとっつきやすくなっています。

前述のゆうパックおてがる版を使うとさらに簡易的にやりとりができます。相手のことを気にしなくていいのはいいですね。

でも、真摯に対応してくれる出品者、落札者は結構いますので、そういった方とのやり取りのために下記の記事を是非参考にしてみてください。

まとめ

ヤフオクは、メルカリより敷居が高いと感じている人が一定数いるようですが、蓋を開けると、メルカリよりサービスの歴史が長いだけあって、結構システムが行き届いています。(○○様専用とかないですし)

PayPayフリマなどもありますが、やはり自分は定額落札ではなくできるだけ落札価格を競わせたいなと思っている方なら、今から初めても全く問題ありません。

ぜひ、ヤフオクを使いこなしてお小遣いをゲットしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました