オークション ユーティリティ

ゆうパックおてがる版はローソンと郵便局どちらが便利なのか

オークション
この記事は約5分で読めます。
つちなつ
つちなつ

こんにちは、つちなつです。久しぶりにヤフオクに出品しました。

今回もおてがるパックを使いましたが、初めて郵便局で発送手続きをしてみたんだけど、ローソンと若干使い勝手や気軽さが違ったので紹介します。

ゆうパックおてがる版の便利さについては、下記記事で紹介しているのでよかったら見てね

実はローソンと郵便局で細かい手順が違う

おてがるパック自体のヤフオクwebページやアプリでの操作自体は一緒だけど、ローソンもしくは郵便局に行ってからの手順や気軽さが若干違うなーと感じました。

本記事では私が気になった点について比較表を作成してみたので参考にしてください。

ローソンと郵便局での手順の違いを比較した表

今回は、ローソンと郵便局での手順や気軽さについて私個人が気になった部分を中心に比較してみました。基本が同じと思いきや若干違うので、どちらがやりやすいか自分なりに考えてみてください。

ローソン(Loppi)ローソン(スマリ)郵便局(ゆうプリタッチ有)郵便局(ゆうプリタッチ無)
LoppiにアプリのQRコードを読み込むスマリボックスでQRコードを読み込むゆうプリタッチにQRコードを読み込む窓口でQRコードを読み込む
レジへ発行されたレシートを持っていく伝票を荷物に貼り付ける発行された伝票と荷物を窓口へ発行された伝票を自分で貼って渡す
店員さんが伝票を発行してくれる荷物を投函口に入れる発送連絡を完了する発送連絡を完了する
伝票を自分で荷物に貼り付ける画面の次へを押して完了
発送連絡を完了する発送連絡を完了する
手順としては郵便局のほうが簡単だね

単純な手順だけだと郵便局のほうが楽だということがわかりますね。

ローソンを使う方ならLoppiの手順、郵便局を使う方ならゆうプリタッチを使う方が多そうですが、細かい手順を考えると郵便局のほうが単純さでは楽だと思います。

手順は郵便局が楽だが、ローソンの利便性は無視できない

今回私は初めて郵便局でゆうプリタッチを使って発送手続きをしてみたのですが、手順の楽さとは対象に、ローソンがコンビニである所以の利便性と郵便局のゆうパックというサービスでは気軽さは違うなという気がしました。

手順では自分で伝票を貼り付けたりLoppiでレシートを発行する手間はありますが、レジに持っていったらすぐに対応してもらえるのがローソンのコンビニとしての利便性があると思います。

逆に郵便局では、ゆうプリタッチを使う、かつ、空いているタイミングで窓口に荷物を持っていければ一瞬で手続きが終了できるため一番楽ではありますが、混んでいる郵便局に行った場合は待ち時間が発生します。

ローソンのレジもたまに混雑してしまうこともありますが、そもそもの混雑レベルが郵便局(特に大きい郵便局)とは違うと思います。

道すがら寄れるのならローソンに行くのが良く、空いている時間がわかっていればゆうプリタッチのある郵便局に行くのが良いでしょうね。

まとめ

ゆうパックおてがる版はすごく便利ですが、ローソンに行くか、郵便局に行くかで微妙に手順の違いやトータルの所要時間に差が出ることがわかりました。

とは言え、どちらで手続きしたとしても文字通りおてがるなので、状況に合わせて使い分けるのが良いと思います。

たとえば、郵便局のATMを利用する時や別な手続きをするなら郵便局、単純に荷物だけだすなら近所のローソン、といった使い方をするのが良いでしょう。

つちなつ
つちなつ

つちなつは、今回ATMに用事があったこともあり、空いていた時間帯の郵便局で手続きしてみました。タイミングによってはローソンより楽だと感じたので、これからも郵便局を使うことは多そうですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました