ガジェット

【AQUOS R5G】カメラ性能さえ良ければ神端末になれる

この記事は約7分で読めます。

f:id:tsutchie723:20200218210506j:plain

SHARPが国内初、最速で5G対応のスマートフォンを発表しました。その名もAQUOS 5RGという4をすっ飛ばした名前です。スペックはかなり期待が持てますが実際はどうなのか考察してみます。

スペック考察

いろいろなところに、こだわったであろう性能となっています。ただし、すごいのはわかったけど、どうすごいのかというのはわかりにくいと思いますので、おにーさんなりに解釈して考察していきたいと思います。あとたまに毒も混ざっています。

カメラ

超高精細8K動画撮影とAI対応4眼カメラ

HDの16倍というよく意味がわからないレベルで大幅に向上した8Kのカメラがでました。4眼カメラの内訳は、

  • 望遠カメラ
  • 超広角カメラ
  • 標準カメラ
  • ToFカメラ*

*Time Of Flightの略。物体との距離を測定する技術の1つで、パルス発光された近赤外光を照射し、光線が対象に当たり、反射光が戻るまでにかかる時間から距離、奥行きを計測できる技術です。

カメラについては、あのSHARPさんですのでカタログスペックはすごくても蓋を開けると実際は・・・という可能性が十分にあります。我々は忘れていないよ!AQUOS sense 3のカメラ性能の悪さとUXの悪さを!

おそらくというか、ここは絶対に実機を買って試してみてほしいし、おにーさんも触りたいです。いくら画質が良くてもUXが悪いと使いづらいんですよね。AQUOS sense3なんてシャッター押してから少しラグがあってパシャってなりますからね。なめとんのかと。このせいでおにーさんは買おうと思っていたAQUOS sense3 plusをやめました。

10億色のPro IGZOディスプレイ

Dolby Visionにも対応した高精細、高輝度ディスプレイ。映像のシーンごとに最適な明るさを自動調整。臨場感を生み出す画質コントロール技術。リッチカラーテクノロジーモバイル。Adobe RGBにも対応。たしかにこれだけの性能ですので画面の映像の良さについてはSHARPの真骨頂でしょう。

Adobe Photoshop Expressをプリインストール

はい、今回のだめな点。というか日本系スマホ企業のだめな点ですねまさに。なぜあえてドヤ顔でいいアプリが最初から入ってますよ!って言いたがるんだろうか。

あんまりAdobe製品に明るくない人だったら、「おお、なんかよさそうなアプリが最初からはいっているのね!」って思うでしょうが、いやこれインストールだけなら無料のアプリなのでプリインストールしなくてもええんやでっていう話です。

どうせだったら有料サブスクリプションを何ヶ月か無料とかにしたらいいのに。なんの売りポイントにもなりませんよこんなの。あ、アプリ自体はいいアプリなのでAdobeは悪くありません。

CPU

snapdragon 865 5Gを搭載。ここに関しては、そりゃまあ入れるでしょうねぇという感想しかありません。

RAM

メモリーも12GBといい感じに載ってますが、ゲーミングデバイスとして使う人じゃないとこんなにいらないでしょうね。

ROM

まさかの256GBを積んでました。よくやった!しかし気になるのはSDカードスロットの存在ですよね。内蔵容量が多くてもSDカード入れたい人は入れたいんですよね。ええもちろんそんなあなたに最大1TBまで対応しています。ほげー。

バッテリー容量が思ったより少ない

5G対応で、こんなハイエンドなスペックで電池結構くいそうなんですが、まさかの4000mAh未満でした。3,730mAhっていくらIGZOに自信があるからってAQUOS sense3よりも少ないのはどうかと思うよ。いや、IGZOもそこまで電池持ちいいわけじゃないからね。AQUOSシリーズいままで何台か使ったことありますが、電池持ちがいいと言っている割にはそんなに恩恵を感じたことがありません。結局、使えば使うほど電池は減るってことですからね。iPhoneと違って、Androidは使ってなくても待機電力でちょっとずつ減りますからね。高精細な画面やらハイスペックな性能やらにどれくらい電池持ちするのか、それはそれで注目したいところ。

フルセグ/ワンセグに対応

おそらくここは、5Gの強みを活かしたいんでしょうね。でも正直いりません。こんなのやったらまたN○Kあたりがネット通信できる端末だから料金払えっていう大義名分ができちゃうからあまりやってほしくないんですよね。テレビなくても情報収集できるし、動画系コンテンツもたくさんありますから見れなくてもいいんですよね大体の人は。

おサイフケータイ

まぁAQUOSシリーズなので対応するでしょう。こんなハイエンド端末でわざわざキャッシュレス生活する人いないでしょうけど。

防水防塵

ここもいつものように実装していますね。AQUOSシリーズはお風呂対応する端末も多いので、ゲームする人はのぼせちゃうかもね。

Elite Gaming対応

ここについてはまったくの謎です。どんなゲーム体験がまってるんでしょうね。

その他

その他細かい点については公式サイトに載っていますので気になる方はどうぞ。

発売日

2020年の春に発売予定だそうです。ただ、5Gが始まってもまわりの環境が整っていないと思うので発売直後に買うのは控えたほうがいいのかもしれませんね。3G→4Gのときだってそれなりに整うまで時間かかりましたし。2021年に5Gが本格化しそうな予感なので、今後出る予定の5G端末をターゲットにするのも良いでしょう。

価格予想

おそらくですが、10万は余裕で超えてくるでしょう。Xiaomiなどが出しているような価格では出せないでしょうし。安くて12万〜13万と言ったところでしょうか。うーんもうiPhoneでいいじゃない?って言いたくなるような価格だったらがっかりだな。

まとめ

ハイスペックで期待値の高い端末ですが、世間的にも言われているようにカメラまわりが本当に信用できるのかというところが課題でしょうね。SHARPさんはカメラのUIとUXはなぜかいつもポンコツなのですよね。あと価格と。それさえクリアすれば良い端末になる可能性は秘めてると思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました